blog index

Whatever.

baby if I could change the world
 
■ブログ内検索■
<< 破壊の繭とディアンシー 感想 | main | バーディヤー ダンスィンインセプテンバー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
つぶやき
日の出がだんだんと遅くなってきましたね。おはようございます。
「もうすぐお盆が来て、それが過ぎたら夏も終わりやな」「せやな」なんて会話はこの時期の鉄板ですな。


学生時代、正確には高校時代までは『夏』って一番嫌いな季節でした。
夏における片道20分強の自転車通学は地獄そのもので、
教室にエアコンなんてないし、炎天下の体育なんて何度サボろうと思ったことかw

そんな忌み嫌っていた夏ですが、今ではむしろ一番気に入っている季節になっています。
たしかに1歩外に出れば日差しは痛いくらいだし、暑さのせいで人生諦めたくなるほどではあるんですが←


仮に、もしこのまま技術が進歩して、はるか未来、快適な『ほどほどの夏』な気候を常にコントロールできるようになっていたら。
毎晩エアコンを点けるか葛藤する必要も無く、気温が毎日一定になるよう管理される世の中になっていたら。


それは便利ではあるけれど、はたして面白さはあるのだろうかと。


やっぱり「あー、今日も暑いね」「今日は、少し涼しいね」なんて一喜一憂しながら、
1日1日の違いを肌で感じるこの季節が好きです。
それが夏の愛おしさなんだろうと思います。
 
| 廃屋 | - | 07:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:31 | - | - |
コメント
昔ハマったテイルズで理想の未来は街がみんなドームで覆われていて、名前は番号で管理されていて〜それで本当にいいのか!?みたいなのあったなあと思い出したわ
| 更新されてる…だと? | 2014/08/04 11:38 PM |
理想の未来を実現した結果なんか崩壊してるとかってRPGあるあるやなぁw
俺はそのテイルズの聞いて今度公開のGiverって映画を思い出した
| (書き方を)思い出しました(by小笠原) | 2014/08/05 11:28 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hai-sequence.jugem.jp/trackback/1387
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ